身体的なケア以外に精神的なケアも行うのが、がんサポート外来の仕事になります。クリニックでは患者さんの苦痛をやわらげ、充実した時間を過ごしてもらえるように精神的なケアを行っています。精神的なケアは、抗がん剤の投与や放射線の治療などと並行して行われます。クリニックの医師や看護師、臨床心理士にソーシャルワーカーなどが担当しています。

カウンセリング抗がん剤の副作用として食欲不振や吐き気、脱毛や皮膚のトラブル、白血球の減少により感染しやすくなったりします。患者さんは、がん治療の副作用や辛い症状を、どのように対処したらよいか悩んでいることが多く、不眠やうつ病などを引き起こしやすくなることから、患者さんに対して精神的なケアが必要になります。

クリニックのがんサポート外来では、患者さんのさまざまなお悩みに対して相談を受けています。心の専門家である臨床心理士がカウンセリングを行い、一人一人の患者さんの悩みに向き合っていく仕事です。また、ソーシャルワーカーは、社会福祉士の立場から患者さんやそのご家族の抱える問題を解決するためのサポートをします。医師や看護師が、主に患者さんの病気に関することでご相談を受けるのに対して、臨床心理士やソーシャルワーカーはお話をうかがった上で、心の問題を解決に導くための支援を行っています。